スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「想いのコトバ」




dghfghf

一番護りたいと願う人を
一生護れる人になりたい。


「想いのコトバ」


遠い目をする

キミを見て


かけるコトバを

探しては


上手くコトバに

ならなくて


不器用ながらに

大丈夫?って

言ってみる


一人で悩む

そんなキミの

小さな背中


静かに伝わる

寂しさ感じ


護れぬ自分の

小ささに


ギュッと拳を

握りしめ


護れる道を

必死に探す


ありきたりなコトバで

ごめんね


立派なコトバじゃなくて

ごめんね


でもね

護る気持ち

たくさん込めて


精一杯に

キミに贈るね


誰にも負けない

想いのコトバ


―――――――――――――――――――――

一人でも多くの人に
届くと願って。
この詩を誰かに
伝えたいって思ったとき
クリックしてくださいね♪(^-^)




にほんブログ村 ポエムブログへ



スポンサーサイト

-静かな想い-


ujhgf


長い長いキャンプに行ってきました。
自分にとって、最後になるかもしれないって臨んだキャンプ。

このキャンプに入る前日に、
僕は、一緒にキャンプを企画していた友人に
一通のメールを送りました。

「これが最後のキャンプになるかもしれん」って。

にーちゃは大学4回生。
現実的に考えて、キャンプばかりしているわけにはいかず、
就職等を考えていかなければならない時期だから、
続けていく自信がありませんでした。

キャンプの仲間のこと、大好きでした。
本当に、こんな仲間に出会えて、
自分は幸せだなって思えるくらい。

このメールを送ったとき、
「お疲れ様」って
「最後、頑張ろうね」
ってコトバがあったら、
きっと、本当に最後にしていたんだろうな。

でもね。
返ってきたコトバは違ったんです。

「いなくなって悲しむ人の事も考えろよ!」

少し涙が溢れた。

きっと
薄っぺらい世界では
こんなコトバ 聞けなかった

「お疲れ様」って一言で
終わってたのかもしれない

「お疲れ様」の一言が聞きたくて
最後に綴った 小さな本音

コトバが返ってきたとき
胸いっぱいに温かさ感じて
「終われない」って
そう思った。

そんな仲間に出逢えたことに
スゲェ感謝です。

現実的にどうかとか、
しんどいことが増えてしまうとか

それを考える以前に、

自分がここにいたいのか
心がここにあるのか

それが一番大事だった。

あのコトバを聞いたとき、
ここにいたいって
心から思った。





にほんブログ村 ポエムブログへ

「小さな自分」


;;;lllkjh


思った以上に強かなくて、
すげぇすげぇちっぽけな自分。

何も考えずに
走り続けてたあの頃より、
ずっとずっと不器用になってた。


「小さな自分」


自己の想いに

素直になれず


他者との距離を

感じながら


変わらぬ日々を

過ごしてく


前に進むわけでもなく

後ろに下がるわけでもない


でも

確かに

想いの時間は

止まってて


周りがどうとか

今後がどうとか

考える前に


想いに素直に

歩いていきたい


でもね

わかってるのに

足が動かない


そうありたいと

想う心


変化を恐れる

弱い心


そんな

不器用な僕


何だか少し

情けない


------------------------------------------------


前回まで、ここに載せていた
にーちゃの詩は
全部昔描いたものだったんですけど、
今回から、今の自分の詩を
描いていこうと思います♪♪

昔の詩を紹介していたのは、
にーちゃの詩がどんなカンジなのかな
っていうのをつかんで欲しかったので、載せてました☆☆

でも、今日からは
今の自分の詩を描いていこうと
思います♪♪(^-^)

応援してくれているみなさん、
今後とも末永く、
よろしくお願いします♪♪




この詩を誰かに
伝えたいって思ったとき
↓をクリックしていただけると嬉しいです♪(^-^)





にほんブログ村 ポエムブログへ


「永遠(トワ)の桜」


lklklk;lk;lk;lk;lk;l


つらい恋もある。
コトバにならないくらい
悲しい恋もある。

でもね。
想いの形忘れないで。

あなたが持ってる
永遠(トワ)の桜


「永遠の桜」


春風受けて

育った恋は


雨に打たれて

過ぎ去った


散った桜は

寂しいけれど


明日を夢見て

散る花は


寂しいなんて

感じてないんだ


いつかもっと

きれいな花に


夢見る桜に

願いを込めて


満開の

永遠の桜を


永遠の想いを

咲かせていこう


永遠に

誰かを愛せる

自分でいよう



ついに10000HIT突破しましたぁ(;_;)
ホンマ、皆さんの応援のおかげです☆☆

逆に、ゆっくり皆さんのブログに訪問していくこと
出来なくて、すみません(;_;)

今日は5時からバレーボールの合宿に行ってきます☆
ちょっと早起きして更新しちゃいました♪(^-^)
今から用意して、頑張ってきます☆☆(>_<)



この詩を誰かに
伝えたいって思ったとき
↓をクリックしていただけると嬉しいです♪(^-^)




にほんブログ村 ポエムブログへ


-この胸いっぱいの愛-


tryhtrhgdfgfgre


今日も訪問してくれてありがとぉ☆(^-^)
更新のお知らせがなかなか出来なくなって
申し訳ありません。。

最近携帯で見ることが多いから、
コメントも全部返せてないけれど、
ちゃんと一つ一つ丁寧に読ませていただいてます♪
本当にいつもありがとうございます♪♪

今日は、恋の詩です♪


スゴく温かい日。

会えない間に膨らむ
確かな想いが
そこにあった


「この胸いっぱいの愛」


君がいないトコで

君のことを想い


その時間だけ

想いは大きくなって


早く逢いたいって

顔が見たいって


君の大切さ

また実感する


遠くにいても

近くにいても


想う大きさ変わんなくて


いつだって

大きな背中を見てる


同じ世界

見ていたい


同じ空

見ていたい


星空広がる夜は

腕の中で眠りたい


月がキレイな夜は

きれいだねって

手をつないでいたい


そして

ずっとずっと

追いかけて


あなたが

振り返ったとき


精一杯の気持ちを込めて

そっと想いを届けたい


この胸いっぱいの愛で




この詩を誰かに
伝えたいって思ったとき
足跡残していってくださいね♪(^-^)



にほんブログ村 ポエムブログへ




-冬の訪れ-



gyrtgyrgd


少し遅いけど
今日は冬って気がした。

そんな
過ぎゆく冬を想って
こんな詩を描きました。


「冬の訪れ」


空は碧く

雲は白く


雨上がりの

小さな雫が

そっと頬を伝う


冬の季節


温かいマフラーと

白い吐息の中


足早にみな

ドコかに出掛けてく


そんな

雲 空 光景を見て


冬の訪れを感じ

心穏やかになる


そんな季節の

一秒一時を

大いに感じ


日々を過ごそう

感じよう


きっと今年も

素敵な冬になるように


今胸いっぱいに

冬を感じよう


過ぎゆく冬に

想いを込めて




みなさんの応援で、ついに8000以上もの足跡が
このブログに残っています♪♪
本当にありがとうございます♪♪(^-^)

これからも精進していきますので、
今後ともよろしくお願いします☆☆

by にーちゃ



にほんブログ村 ポエムブログへ

-この街-



外に出て、街を見た。
小さい頃からずっと住んでるこの街を。
遠い空見て眺めてた。

yyyyy

この街

僕らの街

夜だったら 気付かなかったね


不思議な魔法で


きれいな夜景に

変わるから




確かにあった自然

kkkk


気付かぬ間に

変わってた


知らないところで

確かに変わってた


丘は消え

草木は消え


忘れてしまうくらい


昔から

そうであったかのように

平然と存在してた




遠い記憶

hhhh



かつて

父と遊んだ

思い出の場所も


今は無人の

荒廃の地


立ち入り禁止の

看板を見て


心がギュッと

苦しくなった



思い出の丘から見た

この街の景色

こんなに雲ってたんだね


この街

寂しそうだったよ


豊かになっても

便利になっても


寂しそうだって

そう思った


遠い故郷を

静かに想って


何か始めなきゃって

そう思った

「心の杖」


hghjghjggjhghj


最近、大切な友達に詩を贈られました。
その詩がスゴい素直なコトバで、
同じような気持ちの人がいるんじゃないかって、
そんな気がした。
だから、ここにそっと残しますね。


「心の杖」


小さな小石でも

転ぶけど


すぐに

泣きベソかくけれど


逃げたって

これが私


だから

何度も立つよ


君がくれた

心の杖で


でも

涙はいんだ


やっと芽吹いた

心の蕾にあげるから


さぁ、今からだ

みんなの隣目指して

歩き出す


ありがと

君に出会えて

笑えたよ


---------------------------------------------

僕がキミに出来ること。
心の杖を渡すこと。

道を示す。
エールを贈る。
そっと涙を拭いたげる。

焦らなくても大丈夫だから
自分のペースで大きくなっていこうね。
僕も出会えて良かったよ。




にほんブログ村 ポエムブログへ
プロフィール

にーちゃ

Author:にーちゃ


詩で繋がったの絆
一日一回クリックお願いします↓↓



にほんブログ村 ポエムブログへ

☆集約版☆相互リンク集☆
自由にPRできます♪


今日も訪問してくれて
ありがとうございます☆☆

みなさんがくれる、
一つ一つのコトバは、
僕にとっての宝物。

だから大切にしていきたい。

それが唯一の恩返しだって
思うから。

これからも、
よろしくお願いします☆☆
(>_<)

リンクはフリーですが、
一言入れてもらえると
嬉しいです♪(^-^)


簡単相互リンク集

カテゴリー
全記事表示リンク
過去の記事が見たい方はコチラ!!

全ての記事を表示する

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。